女性保険のメリット・デメリット

20代から40代の女性は、男性にはない女性特有の病気(婦人病)にかかりやすい年代です。
また、病気にはかからなくてもこの年代には妊娠・出産する女性が多いです。
女性保険は、そのような年代の女性をサポートする保険です。

女性保険のメリットは、女性特有の病気に対しては、入院給付金や手術給付金に一定額が上乗せされるなど保障を手厚くしているところです。
たとえば、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんと診断された場合、一括でまとまったお金が受け取れたり、それらの病気では入院・手術給付金を通常よりも増額して受け取ることができます。
さらに最近の女性保険の中には、女性特有疾患以外に全てのがんや生活習慣病に対しても給付金を上乗せするなど、すべての年代の女性に対してメリットを提供している女性保険も増えています。

女性保険には、医療保障以外にも死亡・高度障害保険金や、積立ボーナス(生存給付金)、健康ボーナス(無事故給付金)などがもらえるものもあります。
さらに、配偶者が亡くなったらそれ以降の保険料が免除される(保障は続きます)特約や、がん・心臓病・脳卒中(三大疾病)にかかるとそれ以降の保険料が免除される特約など、多彩な特約が女性保険には用意されていて、まさに女性のライフスタイルに合った保険と言えます。

一方、女性保険のデメリットは、保障内容が充実している代わりに、シンプルな一般の医療保険に比べれば保険料が高くなるところです。
また、医療保障だけが欲しいという方には、死亡保障や積立ボーナスなどは過剰な保障でしょうね。
しかし、そういう方は基本的な医療保険に女性特定疾病特約を付加しただけのシンプルな女性保険もありますので、そちらを選択すればよろしいかと思います。

シンプルな女性保険

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)