女性保険とは

女性保険は、保険会社が販売している女性専用(女性だけが加入できる)保険商品です。
女性保険の一番の特徴は、女性特有の病気に対して保障を厚くしていること。
女性特有の疾患にかかったら、例えば通常の入院給付金や手術給付金の2倍の給付金が受けられるなど、女性にとっては嬉しい保険が女性保険なのです。

特に女性の20〜40代は、乳がんや子宮頚がん、子宮筋腫や卵巣のう腫、さらに帝王切開や子宮外妊娠など、女性特有の病気や妊娠に関わる疾患にかかる人がとても多いのです。
この年代の女性は、男性よりも入院する人、手術する人の割合が唯一多いんですよ。
そんな女性特有の病気が発症しやすい時期に、女性保険に加入していれば大きな安心が得られますよね!

このように女性保険は基本的には入院や手術をした時の医療保障のための保険です。
ですが保険会社によっては、死亡・高度障害の保障が付いたり、一定期間内に入院や手術をしないか生きていればボーナスが受け取れる女性保険などもあります。
さらには、女性特有疾患だけでなく、すべてのがんや生活習慣病に対しても保障を厚くしている女性保険や、乳がんにかかって乳房再建手術をしたら100万円の高額給付金が受け取れる女性保険などもあるのです!

女性保険は保険会社各社が今とても力を入れている分野で、次々に新しい女性保険が発表されています。
本サイトでも新しい魅力的な女性保険が販売されたら、順次その魅力をお伝えしていきたいと思います。

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)