女性のための生命保険選び

女性が生命保険を検討するとき、その女性の年齢や家庭での立ち位置、例えばシングル(独身)、シングルマザー、既婚者でも専業主婦か兼業主婦(共働き女性)かによって、その選択は変わってきます。
「女性のための生命保険選び」では、女性のタイプ別に生命保険・医療保険をどうすればよいか、考えた方や参考としておすすめの保険(女性保険中心)を紹介しています。

「女性の生命保険選び」記事

20代 シングル女性
20代のシングル(独身)の女性は、親兄弟を自分が扶養しているなどの場合を除いては、死亡保障は必要ないと思います。その分将来に備えてしっかり貯金するよう…
30代 シングル女性
30代のシングル(独身)女性は、親兄弟等を扶養していないのであれば、基本的に死亡保障は必要ないと思います。30代はこれから住居や老後のための貯蓄を…
シングルマザー
一人で子供を養育しているシングルマザーは徐々に増えています。親の援助や再婚予定が無い働くシングルマザーは、保険をどうすればよいのでしょうか…
親を扶養している女性
最近は結婚せず親と同居し、一家の経済を支えている女性が増えています。そういう家庭では、住居が持家で親の年金だけで生活するに足りるのであれば…
専業主婦
以前は夫が働いて家族を養い妻は専業主婦という家庭が圧倒的に多く、そういう家庭では夫だけに生命保険を掛け、妻には入院・手術給付金が受け取れる家族保障…
共働き女性
最近は共働き夫婦が増え、しかも正社員として働き家計を夫と同等に支えている女性が増えています。そのような女性が病気などで長期入院したり死亡すれば…
がんが心配な女性
親族にがんで亡くなった人がいるなど、がんが心配な女性におすすめする保険です。
とにかく保険料を安くしたい女性
保険料をとにかく安く抑えたい方におすすめの医療保険です。入院給付金と手術給付金だけにしぼったシンプルな設計で女性特定疾病特約などはありませんが…
高額ボーナス付きの女性保険
保険にボーナスの楽しみが欲しいという方に、たっぷりボーナスが付いた女性保険を紹介します。

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)