子供の教育費にはいくらかかるか

学資保険は子供の教育費を積み立てることを目的としたものです。
ただし、多くの一般家庭が学資保険によって積み立てられるのは200〜300万円ぐらいで、一番お金がかかる大学1年目(入学費用+授業料+自宅外通学を始める費用)の出費をまかなうのがせいぜいというのが実情です。
ですから、世帯主に万が一のことがあった際の子供の教育費用は、学資保険とは別に生命保険等で用意できるようにしておかなければなりません。

子供の教育費は進路によって変わってきます。
幼稚園〜四年制大学のコースをとってみても、すべて公立の学校に行く場合と私立の場合とでは、かかる費用は2倍以上の差になるし、大学も文系と理系と医科歯科系ではかなりの差があります。

文部科学省の調査(H18年)によると幼稚園から高校までにかかる学習費の総額は次の通りです。

幼稚園〜高校までの学習費総計※
公立 私立
幼稚園(3年) 75.4万円 161.5万円
小学校(6年) 200.5万円 823.9万円
中学校(3年) 141.5万円 380.8万円
高校(3年) 156.2万円 313.6万円
合計 573.6万円 1679.8万円

※学習費総計=学校教育費(授業料・教科書・教材・遠足・修学旅行・部活動費など)+学校給食費+学校外活動費(塾、家庭教師、習い事など)

また、国民生活金融公庫総合研究所による勤務者世帯の「教育費負担の実態調査結果(H19年)」によれば、大学入学から卒業までの教育費負担は次の通りです。

大学卒業まで在学費用※
国公立大学: 518.4万円
私立大学文系: 670.7万円
私立大学理系: 828万円

※在学費用=学校教育費(入学金・授業料・教科書・教材・通学費)+家庭教育費(各種学校・習い事など)

さらに自宅外通学(下宿など)をする場合は、自宅外通学を始めるための費用(アパートの敷金・家財道具の購入費・引っ越し代等)に約50万円、仕送りに年間平均104万円(月額8.7万円)かかります。

以上のように、子供を大学まで行かせるなら、一番安いオール国公立のコースでも約1,100万円、オール私立(理系)のコースでは2,500万円以上の教育費用がかかるのです。
自宅外通学する場合は仕送り等で500万円近く負担が増えます。
医科歯科系の大学に行くならさらに2,000万円ぐらいのお金がかかるでしょうね。

ですから、学資保険に加入したとしても、一部を除いて大学の入学費用+α程度を賄う分しか貯めることはできないということを認識しておきましょう。

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)