満期保険金の受取時期について

学資保険で受け取れるのは祝い金(進学学資金・学資祝金)と満期保険金(満期学資金・満期祝金)の2種類です。

満期保険金は文字通り保険の満期が来たら一括で受け取れるお金で、満期の時期には17歳、18歳、20歳、22歳などがあります。
18歳満期だと早生まれ(1〜3月生まれ)の人の場合、大学の入学金払い込みの前に満期保険金を受取れないこともあるので、17歳満期を設定している保険会社もあるのです。

祝い金とは、幼稚園・小学校・中学校・高校などの入学時に一時金として受け取れるお金です(実際に支給される時期は入学シーズンとは限りません)。
それぞれ受け取れる金額は一般的に満期保険金に比べると少額で、加入時に設定した満期保険金額の何割といったふうに決められています。

なお、ほとんどの学資保険では、祝い金はその都度受け取らずに据え置くことができ、満期時等に一括して受け取ることも可能です。
祝い金を引き出さずプールしておけば、それに対して利息(据置利息)が付くので、最終的に受け取れる金額が増えるというメリットもあります。
したがって、学資保険で積み立てたお金は大学の入学金と授業料に充てたいという方は、祝い金を引き出さずに据え置いて、後で一括して受け取ることをおすすめします。

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)