学資保険の選び方

学資保険には大きく分けて貯蓄型保障型の2タイプがあります。

貯蓄型の学資保険とは、単純に言えば教育資金を積み立てるだけで、子供の医療保障や育英(養育)年金などが付いていない学資保険のことです。
貯蓄型なら、祝い金(進学学資金・学資祝金)と満期保険金(満期学資金・満期祝金)を合計した受取総額が支払い総保険料を下回ることはまずなく、それでいて親がもしもの場合の保険料払込免除条項のような、預貯金にはないメリットがあるのでおすすめです!

それに対して保障型の学資保険とは、子供の医療保障や育英(養育)年金などの保障が付加された学資保険のことです。
育英年金とは、親(保険契約者)に死亡・高度障害など万が一のことがあったら、満期になるまでの間、子の養育のための所定の年金が受け取れるというものです。
保証型の学資保険は、貯蓄型に比べて多くの保障が付いていて手厚い保険に思えますが、これらの保障のための保険料が付加されていますので、保険期間中に何も無ければ、受取総額(祝い金・満期保険金)が支払った保険料の総額を下回ってしまう(逆ザヤになる)のが通常です。

子供の医療保障や育英年金などは、学資を積み立てるという目的とは本来関係ないものです。
そういうわけで、子供の教育費を作るという目的だけで学資保険に入ろうとするなら、貯蓄型の学資保険を選択することをおすすめします。

なお、一般的な家庭が学資保険で貯めることができるのは大体200〜300万円ぐらいです。
ですから、学資保険はあくまで教育費の一部、特に大学の入学時の費用(入学金+学費)を賄うためなど、目標を絞って活用するのがいいでしょう。

【関連記事】
子供の教育費にはいくらかかるか
満期保険金の受取時期について

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)