学資保険のメリット

学資保険とは簡単に言えば、子供の教育費を貯めるための積立型の保険のことです。
子供の将来の教育資金のために、決められた保険料を支払えば、子供の成長とともに学校入学時には祝い金(進学学資金・学資祝金)や、満期時には満期保険金(満期学資金・満期祝金)を受け取ることができます。
昨今では学資保険不要論が多く聞かれますが、いい学資保険を選び賢く利用すれば、メリットはまだまだあると思います。

学資保険の主なメリットは次の3点だと思います。

  1. 半強制的に教育資金を作ることができる。
  2. 保険契約者(父など)に死亡・高度障害等万が一のことがあれば、それ以降の保険料の払い込みが免除されるが、満期保険金等は契約時のまま受け取ることができる(保険料払込免除条項付)。
  3. 銀行に預けるよりは少し利子が高い(貯蓄型の学資保険)。

学資保険は保険期間が短いので(子供の教育費積み立てが目標ですから当然ですね)、なるべく早く加入するようにしましょう。
学資保険は、早く加入すればするほど月々の保険料が少なくて済むので毎月の負担が軽くなるし、返戻率(保険料総額に対する受け取れる祝い金と満期保険金の合計額の割合)も高くなるのでお得です。
多くの学資保険は、子供が誕生する前に(出産予定日の140日前から)加入できます
できれば妊娠中に学資保険の加入を検討し、加入するなら子供が0歳時に契約することをおすすめします。
ただし、親(保険契約者)が高齢な場合、学資保険に加入できないこともありますのでご注意を。

また、学資保険は保険会社によって保障内容や特徴が異なりますので、それぞれの学資保険の内容を比較検討してよりよいものを選択し、無駄な保険料を支払わないようにすることも大切です。
学資保険のタイプごとの特徴や選び方については学資保険の選び方を見てください。

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)