アフラックから新しい学資保険が発売されます

アフラックより新しい学資保険「アフラックの夢見るこどもの学資保険」が発売されます。

詳しくは以下の記事に出ています。
教育費の準備には貯蓄性が魅力の「こども保険」(YOMIURI ONLINE 2009年3月5日)

「アフラックの夢見るこどもの学資保険」の特徴は、高校入学時に学資一時金が支払われる他、大学時代の4年間に毎年学資年金が受け取れ、入学金や授業料に充てることができるところです。
例えば受取総額300万円のコースでは、子供の15歳時に学資一時期として50万円と、18歳時に100万円、19・20・21歳時にそれぞれ50万円の学資年金を受け取ることができます。

【仕組図】
(例)被保険者:0歳  学資年金支払い開始年齢:18歳  受取総額:300万円

アフラックの夢見るこどもの学資保険 仕組図

高校や大学の入学時に祝い金や満期保険金が受け取れる学資保険はたくさんありますが、大学在学中に毎年年金が受け取れるというものははじめてじゃないでしょうか。
さらに、高い貯蓄性も魅力で、現在学資保険の貯蓄性ではNo.1と言えるソニー生命の学資保険よりも、多くの加入ケースで「アフラックの夢見るこどもの保険」のほうが貯蓄性が上回ります。

さらにメリットとしては、「10歳払い済みコース」があるところです。
10歳払い済みとは、その名の通り保険料の支払いを10歳までで終わらせるという意味です。
10歳までに保険料の支払いを終えると、その後は保険料を支払わないで、所定の年齢になると学資一時金や学資年金を受け取ることができます。
17歳や18歳まで保険料を払う場合よりも、返戻率が高くなるので貯蓄性もアップします。
返戻率とは学資金や年金などの総受取金額の総払込保険料に対する割合のことです。
学資保険の場合、教育費負担が重くなった時に保険料を払いきれなくなって解約するというケースが結構多いのですが、10歳払い済みコースを選択しておけば、その前に保険料を払い終えることができそうです。
ただし、その代わりに月々の保険料は当然高くなりますし、「アフラックの夢見るこどもの学資保険」は、大学の4年間に毎年年金が受け取れるという商品性から、受取総額は一般の学資保険よりも高額になりそうなので、1か月の保険料を低く設定しずらいということが言えると思います。

それでもこの「アフラックの夢見ることもの学資保険」は、貯蓄性の高さが魅力的なので人気保険になりそうな気がします。
かんぽやソニー生命の学資保険にどこまでせまれるか注目です。
「アフラックの夢見るこどもの学資保険」は2009年3月23日より発売予定です。

資料請求はこちらから ⇒アフラックの夢見るこどもの学資保険

関連情報: アフラックのかわいいこどもの保険

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)