女性特有の疾病(女性特定疾病)には何があるか

女性保険は女性特有の疾病に対して、他の病気やけがによる場合よりも、入院給付金を割り増しするなど保障を手厚くしています。
では、女性特有の疾病(女性特定疾病)には、どのような病気があるのでしょうか?
女性特定疾病の対象となる主な病気は以下の通りです。

【女性特有のがん(悪性新生物)】

1.乳がん 2.外陰がん 3.膣がん 4.子宮頸(部)がん 5.子宮体部がん 6.子宮がんおよび子宮の部位不明のがん 7.卵巣がん 8.その他および部位不明の女性性器のがん 9.胎盤がん

【腫瘍(特定の良性新生物・上皮内がん)】

1. 子宮筋腫 2.良性新生物(乳房・子宮・卵巣・腎・腎盂・尿管・膀胱・甲状腺)

【女性特有の疾病】

1.卵巣機能障害 2.乳房の障害 3.女性生殖路の障害 4.低血圧症 5.鉄欠乏性貧血 6.流産 7.妊娠の合併症 8.分娩の合併症 9.産褥の合併症 10.甲状腺腫 11.クッシング症候群 12.紫斑病 13.血小板機能障害 14.慢性リウマチ性心疾患 15.胆石症 16.胆のう障害 17.ネフローゼ症候群 18.慢性腎不全 19.膀胱炎 20.腎結石 21.尿管結石 22.リウマチ性多発筋痛 23.慢性関節リウマチ 24.バセドウ病

会社別保険商品(女性保険・医療保険を中心に)